Entry: main  << >>
「ヨシダナギ写真展 HEROES」

 

テレビ番組「クレイジージャーニー」でヨシダナギさんを知りました。

少数民族の方達の文化を受け入れながら彼らと打ち解け、

だからこそ撮影できた、民族の方達の姿。

ヨシダナギさんのおかげで、知らなかった民族の方たちの事を知り、

とても素敵なお写真に惹かれました。

 

5月に東京へ旅行した際、西武渋谷店の前を通りかかったら、

ヨシダナギさんの写真で飾られていて、思わず立ち寄りました。

その時も「HEROES」の展示がされていて、

お写真を目の前で拝見する事ができました。

ますます、少数民族やヨシダナギさんの世界に魅了されました。

 

 

そして今回、名古屋で再び拝見できる機会に恵まれ、

ヨシダナギさんが来場される9月22日に出かけました。

残念ながらトークショーはゲットできませんでしたが、

トークショーも、会場内の開催という事もあり、

後ろの方で、人山に紛れて聞く事ができました。

ヨシダナギさんの口から民族の方達の話や、撮影の裏話など、

楽しく貴重なお話を聞くことができましたし、

写真集の事や取材費などのお金の話もしてくださり、

本当にこの会場の1枚1枚の貴重さを感じました。

そしてヨシダナギさんの偉業さも改めて感じました。

 

今回の展示は、史上最大の展示ということで、

新作も加わり、オフショットやメッセージ、映像、

そしてヨシダナギさんの旅の私物も展示してあり、

作品だけでなく、その背景や、ヨシダナギさんを感じられる展示会でした。

この「HEROES」の展示は渋谷から始まり、

この名古屋で今年は終了という事だったと後から知り、

始まりと終わりに立ち会えていて、なんだか運命的ですね(*´ω`*)

 

そして朝からチケットをゲットできて心臓がやばかったサイン会。

じわじわと自分の順番が回ってくるのがさらに心臓にやばいですね。

しかもサインいただけるだけでなく、お隣に座って記念撮影もあり、

最後に握手もしてくださり…(昇天)

1日にたくさんのお客さんの相手していらっしゃるのに、

皆さんに笑顔で応えてくださっていて…

緊張しまくりでしたが、至福のひと時でした。

写真集大事にします。

 

1枚1枚のお写真には、

絵画のような、ファンタジーのような世界が切り取られていますが、

同じ時間を地球のどこかで、誇りをもって暮らしている実在の方達と思うと、

本当に感慨深いです。

お写真に添えられた、ヨシダナギさん目線の民族の紹介を読んでいると、

凛とこちらを見つめる神々しい彼らの以外な一面や文化を知り、

親しみを感じてしまいます。

昔からの独自の文化を継承している中で、時代の変化も受けつつある民族もあり、

この先、彼らがどうなっていくかは誰にもわかりませんが、

今の時代の彼らの姿が、こうして形に残るのは、

これからの未来にも大事な1枚になると思います。

彼らの事を多くの方に見て、知っていただきたいと思います。

映し出された、彼らの姿と取り囲む美しい世界。

彼らの豊かな暮らしが、これからも続くことを願います。

ヨシダナギさんには、これからも憧れを追いかけ続けていただきたいです。

私は応援しながら、拝見できる機会を楽しみにしております。

 

 

| いちの | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Others

Mobile

qrcode